calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

ヘルムズデール

helmsdalecaol isla at helmsdale

1996年に開店してからずっとお世話になっている最もつきあいの深いお店だ。

気軽に知人を連れていける2軒目の店として、ひとりで日常的に通うバーとして、そして、シングルモルトウイスキーの世界への入り口として、かなりおススメである。

■2軒目の店として
広尾、渋谷、六本木、どこの駅からも遠い位置にあるのがいい。
タクシーで「日赤通り沿いの日赤医療センターの高樹町(たかぎちょう)寄り(もしくは六本木通りに近い)カドまで」と言ってもらえれば渋谷・青山・六本木周辺で流しているタクシーなら、ほぼ迷うことなく連れていってもらえる。
サンクスのはす向かいにある2Fの店だ。
※もし満席でも、駐車場を挟んで並びの「BAR酒場」そして、外からは見えないが「BAR酒場」の上にある、おしゃれなフルーツカクテルバー「BAR RAGE」など他の選択肢に流れることもできる。

■ひとりで通うバーとして
年中無休、思い立ったらすぐに行けるのがイイ。

多人数で2軒飲んだあと、最後にひとりでもう1軒行きたいときなどにも最適。

オーナーの村澤さん(スコッチウイスキーの巨匠、出勤曜日は要電話確認)を始め、スタッフみんな気さくで、話しやすいので、話しかけてみてほしい。1回知り合いになれば、その日からもう常連客だ。


チャージがないので、ちょっと寄りたいだけの日は、ギネス1パイントだけ飲んで小1時間おしゃべりして、
1000円の会計で帰ってもぜんぜんOKだ。

ただ金曜の深夜などは満席だったりもするので、パブスタイルでしばらくの間、立ち飲みになることもある。

混み具合を電話で聞いてから行くのも手だ。

ただ、お酒の種類は若干マニアックな品揃えなので、最初はとっつきにくいかも知れないが、お店のスタッフに聞いて
新しいビールやウイスキーに出逢ってみてほしい。

■シングルモルトウイスキーの世界への誘い
スコッチウイスキー(スコットランド産のウイスキー)のシングルモルト(単一の蒸留所で作ったウイスキーの原酒)がカウンターにズラっと並んでいるのがこの店の売りでもあり、ぜひ一度お試しいただきたい。
シングルモルトウイスキーで代表的なのはラフロイグ、アードベッグ、マッカランなどで、一般のバーに行っても、こういった銘柄なら3本〜5本程度は並んでいる定番商品ではあるが、ヘルムズデールはぜんぜん品揃えが違う。
初めての人は、ぜひ村澤さんにその旨を伝えておススメのものを出してもらうといい。
最初はちょっと抵抗あるが、これを水割りでもなく、ロックでもなく、小さいグラスでストレートでゆっくり飲むのだ。
そして、そもそもモルトが好きだ、というかたは、ぜひ一度訪れてみる価値がある。

村澤さんは相当な知見を持っているバーテンダーだが、全く気取らず、お客さんが初心者でも丁寧に教えてくれるし
深い造詣を持っているお客さんには、その人が納得できるような秘蔵の品を、棚の奥から出してきてくれるのだ。
そして、青山近辺のバーで同じウイスキーを飲むよりも、良心的な価格で出してくれるのがうれしい。

■フードメニューについて
2軒目向き、と言ったが、食事もできる。
深夜でも食べさせてくれるのも魅力だ。

・ソーセージの春巻き揚げ : これは美味い!1p300円と価格も安いのでぜひ一度。
・ハギス : これはあまり一般店では食べられないスコットランド料理で、マトンの挽肉、細かくつぶしたカブ、マッシュポテトがワンプレートに乗っており、ウイスキーを少しかけて混ぜこぜにして(混ぜなくてもよいが)食するもの。当然マトンのクセは若干あるがオイリーな上記2品に比べてしつこくなく、お酒のお供にはよい一品。 1,000円
・ウイスキーパスタ : これもヘルムならではの一品。サーモンとマトンの挽肉が乗っており、やはりウイスキーを少しかけて食べる。パスタは、ほかにも裏メニューいっぱいなので、好みを伝えればいろいろつくってもらえる。 1,500円


■ヘルムズデール
港区南青山7-13-12南青山森ビル2F
03-3486-4220
お店のホームページ
www.helmsdale-fc.com

tabelog

ヘルムズデール (パブ / 広尾、表参道)
★★★★ 4.0


| 1/1PAGES |